キャリアカウンセリング~近未来~

キャリアカウンセリング~近未来~

2050年の未来

あけましておめでとうございます。どのような年末年始を過ごされたでしょうか。

私は、このお休みに「2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する」という本を読みました。約30年後の未来を、現在存在するテクノロジーを元に予測したものです。食、医療、エネルギー、産業、働き方等、あらゆる分野について、エコノミスト誌のジャーナリストのほか、科学者、起業家、SF作家等、多くの方達が各テーマごとに執筆しています。彼らが予測する未来は、このようなものです。

自動運転車が普及して車を所有する必要がなくなる。農業はAIによって効率化・工場化され、細胞培養による人工肉が一般的になり、100億人に達する地球の人口を充分に支えることができる。発電は化石エネルギーから再生エネルギーへと移行し、エネルギーは逆に余剰となる。診断から手術まで、医療の多くはAIによって行われるようになる…。

一見、どれも突拍子も無いことのように思えますね。しかし、この本の中で何度か繰り返し出てくるのは「必要な技術は既に存在している。まだ行き渡っていないだけ、使い方が分かっていないだけ」ということです。

2050年の未来、人々の働き方も大きく変わっているのでしょう。以前、このコラムでも書きましたが、AIによって無くなる仕事もあれば新たに生まれる仕事もあるはずです。どのような時代になっても適応できるような柔軟性が必要なのだと思います。

 

キャリアコンサルタントとして今年も

さて、キャリアカウンセリングでは、ご相談者様はキャリアコンサルタントとの対話を通して、悩み事においての問題点を理解し解決策を見つけ出していきますが、それは「気づき」から起こるものです。

一人で悩み事を抱え込んでいる時は、問題が複雑になってしまうことがあります。キャリアコンサルタントはご相談者様の気持ちに寄り添いながら、気づきがある様な対話を行って一緒に解決策を考えます。

今年も多くの皆様の迷いや悩みが解決され、元気に活躍できるように役立っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事はこちら

 

電話とSkypeのライフキャリア相談室バッカス


nakayoshi